単身者でもOK!|家事のプロがあなたを救う!家事代行サービスを使ってみよう

家事のプロがあなたを救う!家事代行サービスを使ってみよう

キッチンのリンゴ

単身者でもOK!

床掃除をしている女性

家事代行サービスを利用できる人に、これといった制限はありません。
そのため例えば、単身者でもサービスを利用する事が可能です。

単身者が家事代行サービスを利用する場合、多くは平日の留守中に家事代行をお願いする事になります。その際に利用者は、サービス業者に家の合鍵を渡す事になります。
合鍵を渡してしまうと、「勝手に忍び込まれたりしないかな」と利用者として心配になりますが、その点に関してはサービス業者が徹底した対策を講じています。
合鍵のキーホルダーにGPSをつけたり、合鍵の社内での保管を厳重にするなど、合鍵の不正使用防止に努めているのです。
それでも「他人に合鍵を持たせるのはちょっと」と懸念を抱く方は、休日の在宅中にサービスを依頼するか、もしくは利用を諦めましょう。

単身者が平日の留守中に家事代行を依頼する場合、スタッフが利用者の要望に従って家事を代行していく事になります。
そのため利用者と担当者の間で行き違いがあると、「帰宅してみたらとんでもない事になっていた」などというトラブルが発生しかねません。必ず利用者としての要望を詳細に伝え、また担当者にサービス内容について詳細に聞いておきましょう。

なお、家事代行スタッフはプライバシーを侵害しないように教育を受けていますが、利用者もまた自身のプライバシーが侵害されないよう気をつける必要があります。
例えば個人情報が記入された書類などは、スタッフの訪問前に大切に保管しておきましょう。お互いに気をつける事で、お互いを信頼できるようになるのです。